Coumfyブログ

24時間換気システムの義務化とは?【体験談】

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

a0002_011353

24時間換気システムについて知っていますか?

「義務」と聞くと、何かしなければならないの!?と言葉に敏感になっていた私です。24時間換気システムとは、自然換気ではなく、室内の空気の入れ替えを自動的に行う事ができる換気設備の事です。
換気設備の導入は2003年、シックハウス対策のため建築基準法が改正になり「24時間換気システム」が義務化されました。もともとの目的は、建材・家具から発散される化学物質を除去する為ですが、24時間換気をする事で家の中の空気がいつも動いて綺麗な状態になっているのです。

なのでこのスイッチを切ってしまうと空気が悪くなる・・・だけならまだ良いのですが、結露の発生やカビやダニの発生に繋がってしまいます。
なぜこんな話しをするかと言うと、私自身が長年の賃貸マンション生活で結露に悩まされていたからです。
それが100%の原因とは言えませんが、子どもがアレルギー体質なのです。ですから結露やカビ対策はマイホーム造りでの絶対条件の一つでした。

実際には、「換気扇何個つける?」とか、具体的な話しをするわけではありませんでした。ただ何度も、結露は絶対に避けたいという事を伝えました。間取りや図面が出来上がってからは、設置場所と空気の流れについて何度か説明もしていただけたので安心していました。

しかし問題は入居してからです。
24時間換気システム、我が家には各部屋に換気扇あるいは換気口が一つ二つついているのですが、冬になると寒いのです。必要だから取り付けているのはわかりますが、本当に寒くて一度止めてしまったんですね。

そしたらどうでしょう。
断然部屋が暖かくなりました。しかししばらくしてから気付いたのですが、窓に水滴が!!
24時間換気システムを停止させたことによって結露が発生したのです。焦ってまた24時間換気システムを作動させたので目に見えたカビの発生までには至りませんでしたが、危ないところでした。

やはり「24時間換気して下さい」というのにはそれなりの理由があるんですね。

ハウスメーカーさんは、換気していれば結露は起こらない構造で造っています!と言っていたのに、軽い気持ちでシステムを停止してしまった為に結露を発生させてしまった事を後悔しました。この経験を活かして、年末の大掃除時期には換気扇のフィルターを掃除したり、交換したりしてみました。今は取り外しも簡単にできるようになっているんですね!丸洗いも出来るタイプもあるので、こだわりがある方はこの辺もご相談してみるといいのではないでしょうか?
 
 
 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク