Coumfyブログ

自ら考え家を建てる

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

 
ecda22
注文住宅を建てる場合、大きく3つの重要ステップがあります。
 
Step1|設計者の選択
まず最初に建築主がやらなければならないのは、自分がどのような家に住み、どのように生きていきたいのかを具体的に考えまとめることが重要です。その考えをもって設計者を探すことになります。設計者とは、建築主の思い、条件を聞いて住宅と言う完成品を実現するための図面を作成する人です。そのため施主と設計者の考え方が違うと、いくら有名な設計者でも施主が望むものを完成することはできません。有名であるか無名であるかは重要ではありません。建築主が思う家を具体化できる設計者を探すことが大事です。まず会って箇条書きする等して建築主の思いを設計者に伝えます。それを図面にどのように実現してくれるのかを見極めて、設計者を決めてください。
 
建築主と設計者の”価値観の一致”
 
そこまでならほとんどの設計者は費用を必要としません。疑問点はすべて聞いてクリアーにしてその上自分が一番合うと思う設計者に設計をお願いしてください。性格が合うかというのも大事です。質問や疑問点をいい難い設計者は避けほうがいいです。その家に住むのは建築主なのです。後悔はしたくないですよね。
 
Step2|施工者の選択
建築主と設計者の合作となる設計図を具体的に実現するは、施工者となります。施工者は、設計者より多くの家を建築していることが多く、その経験により家に関するアドバイスをもらえることがあります。施工者は竣工後も長い間建築主を付き合っていることが多く建築主の”こうした方がよかったな”という声を聴くことができます。その経験をもとによりいい家を作りあげることに力を貸してくれます。それではどのように選ぶのかと言うことになります。設計事務所に設計をお願いしした場合、施工者はその設計事務所の紹介のなる場合が多いです。その設計者と感覚があうのであれば、その方法でも問題になることは少ないです。しかしやり直しがききにくい家の建築です。やはり実際の成果物を見せてもらうことになるでしょう。なかなか難しかもしれませんができればその家の住人に話を聞かせてもらえばよりその人柄がわかるでしょう。
 
家は長く使うものです。”長く付き合える人か?”大事かと
 
Step3|資金計画の確定
一番大事なものは、資金です。注文住宅の場合、通常ハウスメーカが建てる企画住宅とは、資金の積算が大きく違います。企画住宅であれば、ほぼメーカ等の宣伝する坪単価の費用となります。しかし注文住宅を建てようとする人の場合、基本的に普通の部材を使いません。そのため全体の価格も高くなる場合が多いです。またその上設計事務所に設計を頼んだ場合、建物価格に対して一定の割合で設計料が別途必要になります。そのことより注文住宅は高いと言われるのです。しかし、自由に注文ができるといいうことは、必要なところにはお金をかけて、不要なところにはお金をかけないように家を建てることが可能です。最近はインターネットで多くの情報を得ることも可能です。手間ひまをかけた分建築主にとっていい家が適正価格が得ることができます。手間ひまを惜しまず努力すれば報われます。
 
注文住宅は手間がかかりますが、”必要な情報を多く得れば、よりいい家を作ることができます。”

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク