Coumfyブログ

家を建てる時に知っておいた方が得な3つのこと

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

4a0f6e
1、 各種税金
固定資産税などの税金は毎年必ず課税される市町村税になります。市町村で異なる場合がありますのでしっかりご確認ください。土地の評価額によって税金の値段が決まります。土地の評価額が年々上がっていくような土地ですと、固定資産税を払う事も大変になります。土地を購入する場合は、毎年課税される固定資産税の事も念頭に置きながら、ご自身のライフプランにあった土地を購入される事をお勧めします。
都市計画税は、都市計画法に定める市街化区域内のみの適用されます。全ての土地で適応されるわけではありませんので、土地をご購入される場合、その土地が都市計画法が定める市街化区域内であるかどうか確認が必要になります。
土地や建物を所有している場合に毎年課税される市町村税です。固定資産税とは別になりますので、ご注意ください。課税の対象は毎年1月1日時点での不動産所有者ですので、年の途中で取得した場合はその翌年からの課税になります。
また、税率は市町村によって異なる場合が有りますので各市区町村でご確認ください。
 
2、手数料
土地代金として土地を購入する場合、土地の値段に消費税はかかりません。
仲介手数料は売主と買主の間に不動産会社などの仲介者が入る場合、買主は仲介者に手数料を支払うことになっています。
仲介手数料不要の売買もありますのでご確認ください。
仲介手数料は売買金額の3%+6万円+消費税 となっています。
その他にも土地を購入する場合、売買契約印紙税と言う 売買契約書に添付する印紙にかかる費用も発生します。
印紙代は土地代金の金額によって異なります。国税庁で規定しておりますのでご確認下さい。
 
3、固定資産税 軽減措置
固定資産税軽減措置と言うものがあります。一定条件を満たした場合適応されます。
新築された住宅が一定の床面積を満たす場合、減免される税額は家屋部分の固定資産税の1/2になります。
原則として、新たに固定資産税が課税される年度から3年度分が軽減措置されます。
3階建て以上の耐火・準耐火建築物は5年度分が軽減措置されます。
長期優良住宅(平成21年6月4日以降に認定)においては、新たに固定資産税が課税される年度から5年度分が軽減措置されます。
3階建て以上の耐火・準耐火建築物は7年度分が軽減措置されます。
3階建て以上の木造家屋の場合、準耐火建築物に該当するものは、木造準耐火建築物であることの確認を行うため、下記の書類を用意した上で減額手続を行うことができます。
・建築確認申請書のコピー
・検査済証のコピー、または建築住宅性能評価書のコピー 等
その他、認定長期優良住宅の減免を受けるには、新築された翌年の1月31日までに申告が必要になります。
耐震建て替え、耐震改修による固定資産税の減額措置もあります。各市区町村でご確認ください。
 
 
 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク