Coumfyブログ

家を建てるにはどのような費用が要りますか?

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

 
4898653

ざっくりわかると家を建てるには本体工事とそれ以外の工事に分けることができます。
まず本体工事費とは、建物を完成させるための費用です。本体価格と言われる時もあります。本体工事費には次のようなものがあります。一般的に本体工事費用は住宅建築予算全体の70〜80%を占めます。

【仮設工事費】
建物建築のための足場や周りの設置費、工事中に使用する電気、水道、作業員トイレの準備費用、現場の清掃、片付けや廃材処分費です。

【基礎工事費】
鉄筋を並べてコンクリートを流し込むという、住宅の基礎にかかる費用です。地盤が弱いときには、別途工事として地盤改良工事が必要です。

【木工事費】
木造住宅の場合、木材を使用して住宅の骨組みや下地などをつくるのでそのための費用です。鉄筋やコンクリート造りの場合でも同様に鉄筋費用、コンクリート費用が必要となります。

【屋根板金工事費】
瓦屋根やアルミニウム等の屋根の仕上げにかかる費用で、水切り、棟換気などの板金工事も含まれる。

【外壁工事費】
吹付仕上げや左官仕上など、外壁の仕上げにかかる費用。

【建具工事費】
室内のドアや仕切り、アルミサッシなど木製や金属製の建具を取り付ける費用。

【塗装工事費】
住宅の屋内建具や外壁に塗料を塗るなどの費用です。

【タイル・石工事費】
トイレ、お風呂、玄関、外壁などにタイルや石を貼る費用です。

【内装工事費】
建物内部の壁、床、天井の塗装、フローリング貼りなどの仕上げ費用です。

【左官工事費】
建物の表面を仕上げるために、壁土、モルタルなどを壁や床に塗る費用です。

【雑工事費】
防水処理、シロアリ処理、手すり、棚、床下収納設置など、他の項目に入らない費用を言います。

【 給排水衛生設備工事費】
台所、風呂、トイレなど水回りの配管工事など、水やお湯の給水と排水のための費用を言います。(水栓の取り付け工事も含む)

【電気設備工事費】
メーター、分電盤の設置から配線、アースの施工、スイッチ、コンセント処理などの費用です。

【 空調設備工事費】
換気扇などの配管、ダクトの取りつけなどの費用です。

【 ガス工事費】
ガス栓からメーターまでの配管にかかる費用です。当然オール電化住宅では必要ありません。
次に別途工事といい、本体工事で建てた住宅で生活するために必要不可欠となる工事費用のことで地盤調査費、地盤補強工事費、屋外電気工事費、屋外給水工事費、屋外ガス工事費、冷暖房設備工事費、電話工事、カーテン工事費、家具工事費、外構工事費、造園工事費 となります。
大体総予算の5~10%程度となります。

その他費用には、事前調査費、設計料、工事契約費、建築確認申請費、地鎮祭・上棟式、登記費用、ローン関係(各種保険)、税金(登録免許税/不動産取得税/固定資産税・都市計画税)、引越し料、家具購入代、仮住まい費用(建替えの場合)などが含まれます。

これらの費用の支払いについて大規模ハウスメーカの場合、まとめられ着工時、中間期、竣工時(引き渡し時)に分割して支払う場合が多いです。しかし設計事務所に注文するような注文住宅の場合、かかった費用をそれぞれ個別に支払いを行う場合があります。
大きく分けて設計事務所に支払う設計費用、施工者に支払う建築費用、資材納入者へ支払う資材費材料費、施工費、運搬費などです。このことを行うことにより仲介費用が不要となり、コストを下げることができます。しかし総額をつかみにくくなります。

家の建築費用は足し算です。よく宣伝にある坪単価は、目安ぐらいに思ってください。
 
 
 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク