Coumfyブログ

家づくり後悔しない3つのポイント

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

13fd33
家づくりは一生に1回の買い物になる可能性があります。ですから絶対に失敗したくないものでもあります。土地の選定から設計まで自分たちで決めることができる注文住宅は、家が建ったときの満足度が非常に高いのが特徴ですが、どこか妥協したりすると後悔だけが残るということにもなりかねません。そこで今回は家づくりで失敗しないポイントを紹介します。
 
1.依頼先は慎重に決定しよう。
家づくりは普通、ハウスメーカーか工務店に注文して建ててもらいます。ですから、ハウスメーカー、工務店どちらを選ぶにしても依頼先をしっかりと調べてどのようなところに強みがあるのかをしっかりと把握し、自分たちの希望に合うところを選んでください。どちらにしても営業だけが熱心であっても実際に家を設計・建築を行なわせたら希望の通りにならなかったというのでは後悔します。依頼先は、複数用意して自分たちの希望の家に近いものを何棟も建てているメーカーか工務店にしましょう。注文住宅は、依頼先選びからはじまっています。
 
2.間取りはしっかりと決めてから建築に入りましょう。
注文住宅の建築で一番大切なのは、依頼先とのコミュニケーションです。例えば家を建てたあとにエアコンをつけるということにした場合、設計の段階でどれくらいの大きさのエアコンをつけるという目星をつけておいたほうがいいです。家を建てた後にエアコンをつける段階になってからでは、エアコンがカーテンに当たったりして取り付けが困難になることもあります。また、どのような部屋にして、どのような家具を置くのか決めておかないと、建てた後になってから家具が間取りに合わなかったり、コンセントの位置で失敗したりします。このようなことは間取りを設計する段階で、しっかりと依頼先とコミュニケーションをとっていればたいていは防ぐことができます。
 
家だけでなくまわりの環境も重要です。
家づくりで後悔するポイントは、まず第一に建てた家そのものに対する後悔です。そしてもう一つは家のまわりの環境に対する後悔です。建てた家そのものに対する後悔は、お金に余裕があれば解決できることが多いです。しかし、まわりの環境はなかなか変わりません。家づくりのために後悔しないためには土地選びが重要になります。その土地の立地条件をしっかりと調べて、ライフスタイルにあったものにしましょう。また、家づくりのための土地選びは、晴れた日よりも雨の日や雪の日にどうなっているのかをしっかりと調べておきましょう。
家づくりのために後悔したくないのは誰もが同じです。家づくりそのものに着目するのは当然ですが土地に対してもしっかりと着目して、後悔しない家づくりをしましょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク