Coumfyブログ

住宅建築するのに必要なお金

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

 
d5ca88
注文住宅の費用は大きく分けて次のとおりに分けることが出来ます。
 
●設計事務所等に支払う設計費用
●本体の工事に必要な費用
●付属設備に設置に費用な費用(外溝工事、材料の加工及び運搬費用、電気設備費用等々)
●登記等手続き的な費用
● 税金

 
これらの費用については、決して安い金額ではありません。それぞれ金額と支払い時期を把握する必要があります。
 
具体的な支払い時期については、次のようになります。
 
注文住宅の場合、基本的には家の出来上がりに応じて支払うのが基本的な考え方です。しかし出来上がりを細かく把握してそれに応じて支払いを行うと支払いが煩雑となり何度も支払いをおこなうことは面倒なので、実際は大きく分けて3回で支払う場合が多いです。また設計事務所によっては、細かく工事内容を分けて建築主と直接契約するとして余分な仲介費用を削減する方法をとる設計事務所もあります。その場合でも工務店に依頼する本体工事について先に述べた1/3ずつ支払いを行う場合が多いようです。その他の細かい費用(たとえば、木材の加工費用や運搬費用、外溝費用など)は、その工事が完成した場合に支払いを行うといった場合があります。
 
一番大きな本体工事の支払い時期としては大きく分けて三回あります。
 
【着手時】
着手金として、工事費用の全体の1/3程度を支払う場合が一般的です。しかし資金の準備の関係で着手時に多額の金額を支払うのが難しい場合もあるので、その場合は10%程度としてもらえる場合もあります。事前に確認することが必要です。また契約時に10%、実際の着手時に20%とする場合もあります。
 
【中間期】(多くの場合は棟上式のとき)
上棟式の時期に1/3程度を支払います。資金にローンを利用する場合、借用時期がローンによっていろいろあるので利用するローンを十分把握して事前に調整し、あわてないようにすることが必要です。
 
【竣工期】
建物の工事が完成し、手直しも完了した段階で行う引渡しの時期に残り1/3を支払いします。工事途中において追加や減らした工事があればこのタイミングで清算します。別途登記等を依頼している場合は、その費用について行政書士等にこのタイミングで支払います。
 
別途設計事務所と契約している場合について次のような支払いが一般的です。
 
1. 設計契約時に設計料の20%程度を支払います。
2. 設計方向性、だいたいの間取りが見えてきた時点が基本設計完了時で、設計料の20%程度を支払います。
3. キッチン、洗面などの設備、その他全ての詳細項目が定まった時点が実施設計完了時で、設計料の30%程度を支払います。
4. 工事の中間時として棟上式の頃、設計料の15%程度を支払います。
5. 引渡し時に残金を支払います。

 
事前に資金計画と照らし合わせて、問題ないかチェックが必要です。
 
このように規格住宅と比較して注文住宅の場合多くの金額、場所が多岐に渡る場合があります。一覧にする等して総額、支払い時期を把握し、管理していかなければ支払い時期になってお金がない等あわてることになります。
 
 
 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク