Coumfyブログ

リフォーム業者気をつけたい3つのポイント

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

 
6941
住宅も人が住めば痛んでくるものです。そこで必要になってくるのがリフォームです。ただリフォーム業者は相当ありますので、いい業者を選びたいものです。そこで今回はリフォーム業者を選ぶにあたって注意する点を紹介します。
 
Point1 | 見積もりは複数社に依頼しましょう。
リフォームを頼むときには、複数のリフォーム業者から見積もりをとりましょう。その際、ポイントになってくるのは、すべてのリフォーム業者に同じ条件で見積もりをとりましょう。業者ごとに見積もりの内容が違っていたのではどのリフォーム業者がいいのか判断ができません。例えば過去のリフォーム事例の写真などを紹介してくれる業者などがあれば親切です。また、家には詳細図面一式というのがありますので、それもあわせてチェックしてくれる業者を選びましょう。はじめから価格勝負をしてくるような業者ではいいリフォームはできませんので注意が必要です。
 
Point2 | 分かりやすい説明をする業者を選ぶ。
家の建築やリフォームの場合は、業者とのコミュニケーションが大切です。家が建ってからイメージと違うといったことを避けなければなりません。このような問題が発生すると工事の工期も伸びますし、金銭面でもどちらが負担するのかといった後味の悪い問題が発生します。このようなことを避けるためには、業者選びの段階でしっかりと自分たちの要望をリフォーム業者に伝えることです。しかし、このような見積もり設計段階で業者が建築の専門用語を多用したりして、依頼者が説明に納得できないまま工事に入ることもあります。このようなことは避けましょう。「Point1」でも書いたように、見積もりを複数とり、分かりやすい説明をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。
 
Point3 | 工務店によるリフォーム
注文住宅を建築した人は、建築は工務店に任せたという人も多いのではないでしょうか。地元密着型の工務店の場合、家の建築と合わせて、その後のアフターフォローも同じ工務店に任せるというのがいいのではないでしょうか。工務店は家のかかりつけ医のようなものです。見積もりから建築その後のリフォーム全てを同じ工務店にまかせればスムーズに話がすすんでいきます。
 
まとめ
家をリフォームする場合は、必ず複数社から見積もりをとりましょう。そして説明の分かりやすい業者を選ぶのが基本です。このように少しの注意でリフォームのイメージが変わってきます。リフォーム後にこんなはずではなかったのにとなってからでは遅いです。リフォーム業者選びには慎重でありたいです。
 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク