Coumfyブログ

キッチンカウンター【体験談】

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

a1180_007592

今回はキッチンカウンターについてです。

我が家のキッチンはL型になっています。
最初のプランではI型の対面式キッチンでした。
そして背面に、脱衣所とつながっているサンルームがありました。
キッチンから直接行き来はできないのですが、収納庫として使用している方も多いとの事でした。
ちょっとイメージがしにくいでしょうか。
そのままのプランで話しを勧めていたのですが、主人がいきなりそこのサンルームの壁をぶち抜くと言いだしたのです(笑)

それがキッチンカウンター作りの始まりでした。
サンルームと言っても3畳はあるでしょうか。
どのようにして使用するか、ハウスメーカーさんとキッチンのショールームの方も巻き込んでたくさんの案を出していただきました。

そして完成したのがキッチンカウンターです。
壁にカウンターをつけ、その背面にオープンキッチンと同色の食器棚をつけていただきました。
ここのカウンター、今は私が家事の合間にお茶を飲んだり、休憩する場所になっています。

小さな子どもがいると、なかなか部屋に行ってゆっくり・・・ともいきません。
リビングから少し奥まっているだけのスペースなのですが、今ではすっかりリラックススペースになっています。

最近では小学生の息子がここで勉強をしたりもしています。
私も家事をしながら質問に答えられるし、息子もなんとなく見られてるって感じが良い緊張感にもなっているようです。

このスペース、実はハウスメーカーさんから反対されたスペースでもありました。
用途がはっきりしていなかったり、あまりこういった間取りってないんでしょうか?
私も少し不安はありましたが、今は本当にお気に入りのスペースです。

子ども達がもう少し大きくなったら、ここのカウンターをバーカウンターみたいに改造して、お友達とお酒を飲むスペースにしようかなぁと思っています。

キッチンカウンターに限らない事ですが、当初思っていた使い方とは違った使い方も考えようによってはどうにでもなります。

ただし、屋根とか窓とか壁とか・・・なかなか後からだとどうにもなりにくい場所ってありますよね?
我が家はそういう場所を優先して予算を増やしました。
これは必要になった時にまた考えて、やっぱり必要だったらつければいいよね?とか。
不思議なものでなんでこんなの必要だと思ってたんだろ?って事、たくさん出てきます(笑)

いいんです、それで。
家って、完成したらそれで終わりじゃないんだなって思いました。
住んでみたら、ここはこうしたいなとかたくさん出てきます。
我が家は今年は家族で庭づくりをしようと思っています。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク