Coumfyブログ

まだまだある建築費以外のお金の3つの注意点

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

d4a84f24
【各種税金】
税金は各種あります。色々な税金がありますので、一つずつチェックして下さい。
主に登記をするための建物表示登記登録免許税、所有権保存登記登録免許税、は登録する必要があり、その事は義務であり、登録を代理してくれる土地家屋調査士や司法書士に報酬を払う必要が生じます。大体10万円~15万円です。
不動産取得税は不動産を取得した時に1度だけ課税される都道府県税です。不動産を取得後60日以内に申告し、一定条件を満たしていれば特例措置があります。必ず調べて下さい。
その他に毎年かかる固定資産税や都市計画税などもあります。固定資産税は毎年必ず課税される市町村税になります。
都市計画税はすべての土地で必要ではなく、都市計画法に定める市街化区域内のみでの適用になります。
その地域にある土地や建物を所有している場合には、毎年必ず課税される市町村税です。
家を建てるには本当に色々な税金があります。まずしっかり確認することが大事です。
 
【手数料】
土地を購入する場合、土地の代金には消費税はかかりませんが、土地を買う場合、売主と買主の間に不動産会社などの仲介業者が入ることが多いです。その場合仲介手数料として手数料を支払う必要がある場合があります。
逆に仲介手数料が不要の場合もありますので、しっかりご確認ください。
仲介手数料は売買金額の3%+6万円+消費税になっております。
売買契約印紙税や 売買契約書に添付する印紙にかかる費用も必要になります。
印紙代は土地値段の金額によって違います。国税庁で規定しておりますので必ずご確認下さい。
 
【印紙税】
設計管理契約印紙代と言う設計監理契約書に添付する印紙にかかる費用が必要になります。
印紙代は設計監理料によって異なりますのでご確認ください。
国税庁で設計管理契約印紙代は規定していますのでご確認下さい。
設計監理料が200万円超で、300万円以下の場合は1千円と規定されています。
設計監理料は工事金額に応じた料率を工事金額に乗じて設計監理料を算出しています。
基準工事金額と料率の関係から按分により当該工事金額に対する料率を算出しています。
基準工事金額(万円)料率【×工事金額】(%)
工事費が2000万円未満の場合は、設計料を280万円で定額の場合もあるようです。
 
土地を購入した場合の、売買契約印紙税 売買契約書に添付する印紙にかかる費用もあります。印紙代は土地代金の金額によって異なります。国税庁で規定しておりますのでご確認下さい。
 
 
 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク